今更ながらRS第5週〜第8週までのレビュー。

第6週ATL
今シーズンのPO最有力候補。前半で一気にモメンタムを掴んだものの後半からアジャストされたライアンのパスを防げず。最後は誤審に助けられて辛くも逃げ切る。ランで時間を使えない上に追いつかれるという展開の中、TEグラムを中心にオフェンスが落ち着いてTDを終盤に取れた。パスプロも安定していて一流のエッジラッシャーがいなければパスオフェンスは機能しそうだ。


第7週@ARI
同地区ライバル対決。両チームオフェンスが相手ディフェンスを攻略出来ず、シーホークスはシーズン二度目のTDなしで終了。Kハウシュカには何も言うまい。 それにしても今シーズンのARIはジョーンズとゴールデンのエッジラッシャーが揃ったおかげでブリッツに頼らなくなった分面倒くさいディフェンスになったなぁ。

第8週@NO
前週のARI戦を引きずるかのようにオフェンスが機能せず。9ドライブ中1ドライブしかTDを上げられず。特にタイムコントロール出来ず、逆にNOのランで時間をコントロールされた。ディフェンスもブリーズ相手に要所を通された。

第9週BUF
TEグラム無双。圧巻のワンハンドTD×2を含むレシーブ8回103ヤード。しあしそれを掻き消さんばかりのラン12回33ヤード。マイケルに至っては5回1ヤード。後半はオフェンスが3点止まりだったもののディフェンスの奮闘と相手オフェンスに助けられて勝利。POいったらそれを敗退もののクオリティであるが去年も前半はこれ以上に酷かったのでまだポジティブになれるのが救い。