どうも、管理人のシャムです。
予想通り?シーズン中はブログ更新できず楽しみにしていた方には申し訳ありませんでした。

というかここまで来たらオフシーズン専門でブログ更新してくのも悪くないのかもしれん。
とりあえずツイッターではシーズン中もシーホークスについて呟いてますのでこれからもどうぞ宜しくお願いします。

さて、早速ですが2015シーズンの総括をば。

その1.オフェンス
RS前半はOLの弱体化が原因でいきなりの連敗スタート。一時はOC解任もうわさされる中、OLの入れ替えもあり徐々にパフォーマンスが改善され勝利を積み上げられるように。
それでもRBリンチ、TEグレアムの離脱。その度にRBロールスの台頭、WRボールドウィンのブレイクで凌ぎきった。今オフはOLの見直し。エースRBの見極め。ポゼッションレシーバーの確保あたりがニーズか。

D#は相変わらず堅いもののFAで取ったキャリーが大誤算。途中でカットするなどシャーマンの逆サイドのCBは最後まで安定せず。またニッケルバックもレーン復帰で何とかなったもののそのレーンがFAとなる。DLもDT2枚が共にFA。NTミベーンは今年成績を大きく落としたというデータも出てきており今オフの動きが激しくなりそう。

さて次回からはドラフトに向けた記事でも書いていこうかと。
第一回はOLを予定中です。