・総括
試合の内容としては、まずDKとムーアへのロングボムが効きました。あれでNEはディープにカバーを割いてきたためアンダーニースがガラ空きになりスウェインの決勝TDに繋がりました。またニュートンに走られたものの、RBのランはほぼシャットダウンに成功。ただディグスの退場、ブレアの怪我でセカンダリーに穴が空いたこともありパスで390yd以上進まれました。また4メンのパスラッシュもメヨワが一度ニュートンにヒットした(この時はニュートンが辛くもエスケープした)以外は有効なプレッシャーがかからなかったのは問題でしょう。アダムスやワグナーをブリッツに入れて何とかサック数は稼げてるもののキャロルのディフェンスシステムとの親和性を考えても4メンラッシュでプレッシャーをかけられるようになる必要があります。