1.WR3番手争いを制するのは誰か
FAで新加入のドーセット、昨年の3番手ムーア、2年目のアルスアの戦いとなるポジション。実績とアウトサイドでも起用できる柔軟性を考慮すればドーセットが安牌ですがムーア、アルスアは既にラッセルとケミストリーを構築できているだけ契約保証額の低いドーセットのカットも無きにしも非ず。

2.LGの先発問題
昨年の先発だったユパティと控えながらユパティの欠場時にしっかり代役をこなしたジョーンズ、ポテンシャルの高さを期待されるヘインズが狙います。OLの右サイドが全員入れ替わるので左は昨年と同様のセットにするのか、それとも若い力に希望を託すのか首脳陣の判断に注目です。

3.ニッケルはブレアorアマディ?
昨年ボロボロだったパスD#の大きな穴だったNB。結局ここが安定しないのでLBを代わりに起用するなど苦しい台所事情となりました。2年目のブレアとアマディが有力視されていますが、既にチームはSFからウェイブされたDJ・リードを獲得するなどコーチ陣の中でもまだ決めているわけではなさそうです。またCBダンバーが武装強盗事件で不起訴処分となり練習参加に向けて大きく前進しましたが、不起訴とはいえサスペンションを喰らう可能性がありますので開幕から数試合はこの問題が解決する訳ではありません。 

4.DE、DTの補強
オフの最重要課題だったDLは最低限の頭数を揃えていますがローテーション要員含めた控えはかなり薄い状況です。特にDTはフォード、リードがそれぞれNTと3Tの先発ですがその後ろが昨年怪我で全休した2年目のクリスマスと元々UDFAだったモーンのためかなり不安な状態です。報道ではJAXから解雇されたダレウスや元DETの"スナックス"ハリソンの2人が補強候補として取り沙汰されてます。
DEではクラウニーが未だフリーエージェントですが、ここに来て彼を諦めたと見る報道も出ました。またその場合の補強候補だったグリフィンはDALと契約。残るは元USCの門下生だったマシューズが噂に上がっています。

ベース守備のアラインが出てきました。アービンはSLBで起用し、LEOはマヨワが担当するようです。アービンはニッケルではDEに入れることになるでしょう。画像では純正4-3のようになってますが、実際は4-3underなので注意。