来たる2017NFLドラフトに向けたプロスペクト紹介、先ずはCB編から。

1.Kevin King(CB Washington)
  身長6-3のフレームと3コーンシャトル最速というアスレチックフリーク垂涎の逸材。
   PBU(パスブレイクアップ) 16回は16シーズン3位タイ。
   傑出したスピードとハイボールへの強さが持ち味。
    

2.Cordrea Tankersley(CB, Clemson)
  上述のKingとともにPBU16回。 バンプでルートを乱し、サイドライン際に追いやる
  プレスカバータイプ。アジリティは並。手を触角のように使ってレシーバーの動きを察知する。
  このタイプにありがちなホールディングはご愛嬌。


3. Gareon Conley (CB, Ohio State)
   プレスカバータイプと思わせて、其の実まったくバンプを使わない。
   それでも4INTを決めるプレーメーカー。 アジリティはそこそこ。
   ハンドテクを磨くのに1年費やせる余裕があるなら お買い得。


4. Akhello Witherspoon (CB, Colorado)
   40ヤードの最速記録を更新したJohn Ross相手にほぼシャットアウト。
  プレスカバータイプながらセパレートされかけてもリカバーまでの速さを持ちあわせている。
  6-3のフレームもあり競り合いに強いのもグッド。