12th man in the haddle

シアトル・シーホークスを応援するブログ

手持ちの指名権 1巡18位 4巡1個 5巡4個 7巡2個
構想としてはダウンしつつスリップしてきた上位プロスペクトを狙う。

※トレードの表記はカッコ内がトレード元、アップ側↔︎ダウン側
1.CLE QBメイフィールド
2.NYG RBバークリー
3.NYJ QBダーノルド
4.CLE DEチャブ
5.BUF QBアレン トレードBUF↔︎DEN
6. SF LBエドマンズ トレードSF↔︎IND
7.TB CBウォード
8.CHI OGネルソン
9.IND(SF)  DEランドリー
10.OAK LBスミス
11.MIA QBローゼン
12.DEN(BUF)  OGウィン
13.WAS DTヴェア
14.GB Sフィッツパトリック
15.ARI WRムーア
16.BAL OTマグリンチー
17.LAC Sジェームス
18.ATL  DTペイン トレードATL↔︎SEA
19.DAL WRリドリー
20.DET  DEダベンポート
21.CIN Cダニエルス
22.BUF OGヘルナンデス
23.NE OTミラー
24.CAR CBジャクソン
25.TEN  DEヒュバート 
26.CLE OTウィリアムズ トレードCLE↔︎SEA
27.NO TEゴーダート
28.PIT LBヴァンダーエッシュ
29.JAX WRムーア
30.MIN OGプライス
31.NE QBジャクソン
32.PHI RBガイス

SEA1巡指名なし
トレードダウン2連発からの2日目最初の指名まで落ちる作戦。
あくまでも妄想だけど今年は10位以内と20位前後でトレードが出まくるのがドラフト狂にとっての理想的展開。


 


  • Kyle Allen^, QB, Houston (WOR, PRI)
  • Abdullah Anderson, DT, Bucknell (WOR)
  • Dorance Armstrong Jr., DE/3-4OLB/OLB, Kansas (PRI)
  • Kalen Ballage, RB, Arizona State (WOR)
  • Andrew Brown, DT/3-4DE, Virginia (PRI)
  • Tony Brown^, CB, Alabama (PRO, PRI)
  • Chris Cooper, FS, Stony Brook (PRI)
  • Austin Corbett, OT/C, Nevada (PRI)
  • Will Dissly, TE, Washington (COM)
  • Leighton Vander Esch, ILB, Boise State (PRI)
  • Poona Ford, DT, Texas (PRI)
  • Dallas Goedert^, TE, South Dakota State (WOR, PRI)
  • Rasheem Green, DE/DT/3-4DE, USC (PRI)
  • Shaquem Griffin, OLB, Central Florida (COM)
  • Derrius Guice, RB, LSU (PRO)
  • Marcell Harris, S, Florida (PRI)
  • Ronnie Harrison, S, Alabama (PRI)
  • Holton Hill, CB, Texas (PRI)
  • Khalid Hill, FB, Michigan (PRI)
  • Manase Hungalu, ILB, Oregon State (WOR)
  • Maurice Hurst, DT, Michigan (PRI)
  • Natrell Jamerson, S, Wisconsin (PRO)
  • Christian Kirk^, WR, Texas A&M (WOR, PRI)
  • Keith Kirkwood, WR, Temple (PRI)
  • Cole Madison, OT, Washington State (PRI)
  • Jacob Martin, DE, Temple (PRI)
  • Alex McGough, QB, Florida International (PRI)
  • Kolton Miller, OT, UCLA (PRO)
  • Ryan Nall, FB, Oregon State (COM)
  • Nick Nelson, CB, Wisconsin (PRO)
  • Derrick Nnadi, DT, Florida State (PRI)
  • Isaiah Oliver, CB, Colorado (PRI)
  • Foye Oluokun, OLB, Yale (PRI)
  • Dante Pettis, WR, Washington (PRO)
  • Billy Price, G/C, Ohio State (PRI)
  • Jacob Pugh, 3-4OLB/OLB, Florida State (PRI)
  • Justin Reid, S, Stanford (PRI)
  • Ed Shockley, ILB, Villanova (PRI)
  • Ito Smith, RB, Southern Mississippi (PRI)
  • Josh Sweat^, DE/3-4OLB, Florida State (PRO, PRI)
  • Jullian Taylor, DT, Temple (PRI)
  • Simeon Thomas, CB, La.-Lafayette (PRI)
  • Kemoko Turay, DE/3-4OLB, Rutgers (PRI)
  • Vita Vea, DT/3-4DE/NT, Washington (STM)
  • Akrum Wadley, RB, Iowa (SR)


  • Read more: http://walterfootball.com/prospectMeetings/byteam#ixzz5DYaHSMSx


    毎年この時期の恒例オフィシャル接触簿を紹介。
    どのチームでもそうだがワークアウトを間近に見れる30人限定イベントの中から指名選手を選ぶ傾向が非常に多い。

    今年のこのリスト内で個人的な注目点はOT/C CorbettとWR Kirk DT Nnadiの3人。
    必ずしもマストではないポジションながら1巡下位から2巡中位辺りの指名予想選手と接触している点で興味深い。
    またトップ10前後の予想もあるLB Vandre Esch C/GPrice DT Veaに接触しているのもグッド。このあたりのプロスペクトがスリップしてくることも想定しているのだろう。






     

     

    ニーズの炙り出しとしてドラフト前に現状のロスターをチェック。

    QB ウィルソン 
    ここはバックアップとしてベテラン1枚新人1枚を加えるだけ。

    RB カーソン、デービス、マキシック、プロサイス
    カーソン、デービスを軸にドラフトで新人を1枚加えた3枚で回せるのが理想。
     3rdダウンバックはマキシックとプロサイスで争う。

    FB マッデン
    UDFAで1枚とってマッデンとキャンプで争わせる。

    WR ボールドウィン、ロケット、ダーボウ、ブラウン、ムーア、ジョンソン、マケヴォイ
     3番手以降が不安。Air Coryellオフェンスの肝であるディープスレットはブラウン加入で3枚揃えた。
    補強としてはドラフト下位かUDFAでST要員で1枚加えるだけか。

    TE バネット、ディクソン、スウォープス
    ドラフトでブロッキングTEを1枚欲しいところ。ディクソンはプロテクション要員として3rdダウン中心の運用か。スウォープスは元QBのロマン枠。

    C ブリット
    ここはほぼ鉄板でアクシデントがない限り加えることもないか。控えは後述のポシックが務める。

    LG ポシック、オディアンボ
    バルクアップするのが前提でポシックが一番手。オディはLTと両OGの控え兼任。
    補強としてドラフト上位で指名しポシックをRGに回すことも考えられる。

    RG フルーカー、ルース
    やはりドラフト上位で1枚欲しいポジション。2年目のルースがある程度計算できればフルーカーはキャンプ前にカットもありうる。

    LT ブラウン、ファント
    ブラウンについては言わずもがな。ファントはRTの控え兼任。

    RT イフェディ
    大学時代のRTに移って2年目は勝負の年。マンブロックが増える今シーズン真価を発揮できるか。

    DT リード、ジョーンズ、ジョンソン、ステファン
    頭数は十分。インサイドラッシャーは不十分。
    NTはリード、3Tを3人で回すラインナップ。

    DE クラーク、スミス、ジョーダン、エイブリル
    エイブリルは戦力として数えられない。元ドラ1バスト組2名の見積りをどれだけ見るかでドラフト上位指名もあり。

    LB ワグナー、ライト、ミンゴ
    ミンゴの活躍次第でエリートユニットにもなり得る。
    ドラフト下位でST要員を補強したい。

    CB グリフィン、コールマン、ジョンソン、ソープ、タイソン、エリオット
    グリフィンの逆に1枚欲しい。FAのマックスウェルを戻せればドラフトは無しか。

    SF トーマス、マクドゥーガル、アレキサンダー、ヒル、トンプソン、チャンセラー
    アレキサンダーはパスシチュエーションでILBに入れるかもしれない。
    チャンセラーの復帰についてはエイブリル同様に不可能と考えていいだろう。

    ニーズ優先ならドラフト上位はOG、DEのどちらか。RBは今年のプロスペクト層が分厚いので中位以下でも十分だろう。TE、CB、LBを下位&UDFAで穴埋め。
    あと地味なニーズとしてカバーチームのガナー。

     

    ↑このページのトップヘ